聖倉院目録

帝国妖異対策局が収容した物品のうち帝室に寄贈させていただいたものを公開しています。
※寄贈されるものは、帝室にゆかりのあるものや歴史的価値のあるものだけではなく、継続的な祀りが必要となるものが対象となっています。

ダゴン神画


魚のアブカルルを描いたものとも言われるこの絵画は、ダゴン秘密教団の祭儀場跡で発見されました。歴史的史料価値が高いことに加え、邪神召喚のためのキーとなる呪文が暗号化されて描き込まれているらしく、ダゴン秘密教団が何度か奪還を試みています。


TYT-032 – ゴブレット


飲む人によって、中に注がれたワインの味が変化する不思議なゴブレットです。


TYT-041 – ニトクリスの鏡


ニトクリスの鏡は、エジプト第六王朝最後のファラオとして知られているニトクリスが、政敵を葬るために魔術を施したとされている鏡です。



CREDIT
©2019 帝国妖異対策局
License: CC BY 4.0
画像はpixabayより引用(Pixabay License)。