CI-006 – 保安わんこ

█████隊長を伴うベース6をパトロールする実体

アイテム名:保安わんこ
サイズ:63.5センチ
タイプ:ベルジアン・マリノア
生命体:Yes
有意識:Yes
顕在/潜在する危険:
インサージェンシーに対する忠誠心を示していますが、挑発または誤認があった場合は人間を噛んだり、傷つける場合があります。
必要な装備/武器:
配備される場合、ターゲットの誤認による混乱を避けるため、異常性が発露されるより前に、職員は状況に適した標準的な野戦戦闘服を着用します。極秘の襲撃においては通常禁止されていますが、本対象との作戦に限り敵対勢力と明確に異なる戦闘服を着用する必要があります。

収容場所:現在、SCP財団襲撃の準備のためにベース6に駐留しています。
報告された異常:実体が自身またはその仲間に対して敵意のある行動を予測する機能があります。

使用法

対象は配備前に少なくとも15分間、担当MP(軍人)と対話することが求められます。対象がMPに従うようになり、MPを対象の被保護者と認識させるためには、対象はMPからの愛情を十分に示されなければなりません。作戦展開中、対象は通常のイヌ科の能力を持ち、MPまたは自分自身に害を及ぼす可能性があると判断した個人に対して敵対行動をとります。MPは作戦展開中、対象を30分以上放置してはなりません。その場合、対象によるフレンドリーファイアの可能性が高まることとなります。そのような場合、長距離展開デバイスから発射されるブラボークラスのトランキライザー弾によって鎮静化させます。

異常対象が単独で配備される場合、本実体の調教師であり、実体と断続的に接触を継続しているハーディー博士が配備中に立ち会うことになっています。単独で展開した場合、本アイテムは近くにいる全ての人間に対して攻撃を始めます。この件についての背景や理由については現在不明であり、研究が進められています。単独での展開は最終手段としてのみ推奨されます。

報告

対象(愛情を込めて調教師によって「 保安わんこ 」と呼ばれる)は、タイリクオオカミのベルギーのマリノア種であり、その外観は平均的な中年のマリノア犬に似ています。配備中でない場合、対象は異常な特性を示しません。ただ本アイテムがダメージを受けた場合は通常の損傷を受けるものの、老化現象については外見的に示される兆候が確認できません。これは、██████████████手術中に持続したSCP-███への曝露による副作用であると考えられています。いずれにせよこれらの効果が永続的であるかどうかはまだ調査中です。

対象の一般的な異常特性は、人間の調教師との結びつきを得たときに現れ始めます。これは通常、20歳以上である人間が15分以上連続してアイテムに愛情を示した後に発生します。
対象は結びつきを持った調教師に対して非常に保護的になります。その仲間や若しくは対象自体を傷つけることに関する思考や言動に対して非常に攻撃的となり、ほとんどの場合、対象からの攻撃に遭うことになります。

対象は、知覚力のある存在の憎しみに満ちた考えを感じる不思議な能力を保持しています。また、無生物の危険レベルを感知することもできるようです。これについては、ある種のテレキネシスを使用することで可能になると考えられています。脅威を検知すると、対象は毎秒10マイルを超える高速攻撃を実行します。さらに動いている間は、毎秒350回の速度で銃撃をかわすことが可能です。

この対象は、ベルギーの首都ブリュッセルで発見された20██年初頭にインサージェンシーの注目を集めました。収容前、対象はブリュッセルの警察犬部隊で務めていました。ユニットにいる間、対象は部隊で最高の犬の一匹であると報告され、その忠誠心だけでなく戦術能力においても非常に印象的なレベルを示していました。

対象は犯罪者を迅速に武装解除しながら弾丸をかわすことができます。異常性についての最初の疑念は、対象が、対象の仲間の警察官(当時の調教師)が個人的な口論が原因で争った別の警察官(実際にはCIの工作員)を、暴行したことによって生じました。

襲撃された警官は怪我から回復した後、インサージェンシーに召還され叱責を受けました。その後の報告で工作員は、この動物が非常に希少な存在であることを主張。短い調査の後、対象は健康診断中に拉致され、その後ベース6に収容されました。

収容中の早い段階で、対象は獣医研究者の管理下に置かれました:
ヘレディ博士は実体に誠心誠意向き合いました。またこの間に、対象のインサージェンシーにおける戦術的な実行可能性を決定するために、初期テストが実行されました。最終的に対象はベース6に留まり、異常に高い危険性のあるミッションにおいて、従来の攻撃動物の代用となる攻撃兵器として機能することとなりました。


Credit

http://ci-wiki.wikidot.com/safety-doggo
Rev.0 by heredy
translated by 帝国妖異対策局
Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/