RPC-106 – ストーンコールド

水中ドローンで撮影したRPC-106の初発見時の写真

登録現象コード:106

オブジェクトクラス:ベータオレンジ

ハザードタイプ:活動災害, 知覚災害, 水生災害, グループ化災害

収容プロトコル

RPC-106の移動は衛星画像で常時追跡します。海岸線や公共の場所に接近しているのを確認した場合は、直ちにその場所を封鎖して対処します。

水中ドローンによってRPC-106の異常行動を監視し、突然の動きの変化や不規則な行動を記録しなければなりません。

説明

RPC-106は、現在インド洋に存在する大規模な石像群です。全ての像は一般的な人間と同じくらいの大きさで、石灰岩から削り出されています。RPC-106は、物理的に経年劣化や風化が見られるものの全く劣化せず、実質的に不滅であることが示されています。現在1,251体のRPC-106が存在しています。RPC-106実体は、物理的な筋肉や肉を持っていないにも関わらず動作が可能であり、感覚があることが確認されています。RPC-106には不定期に行動を行うことが確認されており、その際、以下のいずれかの動作をランダムに行います。

・一方向に進むこと。RPC-106のすべての実体は、同時に海の異なる領域に移動します。これは深海に限定されているようですが、時折、浅い海岸に向かって移動することも確認されています。

・RPC-106のすべての実体は、異なる行動を開始します。祈りをしたり、人付き合いをしたり(会話は見られない)、様々な行動をとるようになります。

・RPC-106は全体的に動かなくなります。すべての彫像は一般に45-59時間まで持続する他の状態より長く続く「休息」期間に入ります。

RPC-106実体から半径1km以内に人間が入ると、その人間は自然消失します。この消失とは、対象者の身体を完全に存在から消し去ることであり、その人間に付着していた生物学的ではないもの(衣服など)も同様に消失します。どの程度のものが持ち去られるのかは、現在のところ不明です。

人間が消えてから24時間後までに、RPC-106に新たな像が出現し、他の像と全く同じ性質を持つようになります。この像の外観は、以前に失踪した人物に似ていますが、それ以外は、RPC-106の他の実体と同じようにランダムに行動しているように見えます。

Incident-4C

あれの顔も覚えていない。死体をあざ笑うように彫られていて、劣化していて、コケだらけだった。

■■■湾の観光客のグループが忽然と姿を消したとの報告を受けて、機関はタスクチーム「チーム・アクアマリン」を派遣。彼らはガンマレベルのRPCの脅威に対処するためにのみ使用される専門部隊。しかし、彼らでさえそれに近づくことさえできなかった。

以下は事件の音声記録です。

隊長:行方不明者が報告されている海岸のエリアは、お前らの地図にもマークされてる。そのエリアは不規則な間隔で大きさが変動しているらしい。注意しつつ、原因となっているブツを探し出すぞ。

一行はビーチに近い街中に移動。彼らは影響を受けたゾーンから200メートル以上離れないように気をつけている。

隊長:何かを感知したぞ。これは…像なのか。移動するぞ。マークダウンされたゾーンは、1キロの距離で像と何らかの関係があるようだ。

エージェントA:どうやって捕まえます?どうやって捕まえるんですか?

エージェントD:”どうやって捕まえるんですか?” それよりも重要なのは、どこに向かっているのか?どのくらいの速さで?だろ。

隊長:今考えているところだ。お前らがどこにいるかだけで…

エージェントCからの信号が突然途絶えた。

隊長:エージェントA、エージェントCの位置を確認できるか?

隊長: エージェントA?

事件の後、チーム全員が行方不明になりました。


RPC-106 – Stone Cold ( CC BY-SA3.0 )
http://www.rpc-wiki.net/rpc-106
Rev.0 by lordchristiaan
Translated by 帝国妖異対策局
this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License