TYT-171 – 逆さま女

管理番号: TYT-171
妖異通称: 逆さま女
危険レベル: レベル2
遭遇した場合は直ちに退避行動を取ります。物品や事象の場合、近づくことも避けるべきです。その性質は温和な場合が多く、この妖異が人間に危害を加える事例は報告されていませんが、遭遇している状況そのものが警戒すべき対象です。なるべく早い段階でその場から退避する行動を取るべきです。 

対応状況: 監視中。

外観

オフ時のTYT-171。現在は深夜のコンビニで働いている。

関連事件

●[ 非公開 ]

広域情報

● 主に山陰地方において目撃情報が寄せられていますが、海外での目撃も複数報告されています。

ポイント

TYT-171は、深夜のコンビニエンスストアやガソリンスタンドにて出没します。外見的には人間とほぼ変わらないのですが、顔の構造が上下逆になっている点が大きな特徴です。

認識阻害を発生させることができるためか、無警戒な人間が本対象と接触しても特に違和感を感じることはないようです。対象と会話した人物の多くが、普通に買い物や給油を行っただけという印象を持っているようです。ただし、逆行催眠による調査を行った場合、ほぼ全員が対象の顔に違和感を覚えており、潜在意識化では非常に大きな恐怖を感じていたことを確認することができます。
 

対応詳細

本妖異自体が人間に危害を加えた例は確認されていません。ただし調査において、対象との接触が成功した全ての場合において、ヒューム値の異常値が検知されていることから、妖異と遭遇した場合は、直ちにその場から離れることを強く推奨します。
 

懸賞金

懸賞金は掛けられていません。コンビニに入店した際に、店内に人間を発見した場合は直ちに連れ出すようにしてください。救出が確認された場合は、帝国妖異対策局よりQuoカード500円分が与えられます。

CREDIT

© 2020 帝国妖異対策局
License: CC BY 4.0